BIトップ外ヘッダ.jpg
合気道ブログ.jpg
  • 養神館合気道 精晟会渋谷

膝の作用と壊さない使い方



【つま先と膝の方向が一致すること】


先日、体験に来てくれた女性に構えを説明していたら、その人の前足の膝がつま先の方向と一致しないので、あわてて「つま先と膝の方向が一致しないと、膝を壊すから絶対にダメです」と説明しました。


けっこうフィットネスをやられている人なのですが、それは聞いたことがないとおっしゃっていました。


見た瞬間に、ゾッとしまた。

というのも、私には苦い経験があります。精晟会渋谷に入会してくれた若くて動きも早く、熱心だった人が、斜行や残心のときに、膝がつま先より内側に向くのです。


絶対ダメだと何度も注意していたのですが、2ケ月もたたないうちに膝を壊して稽古に行けない。整形外科に行ったら、ここまま行けば手術しかないと言われたそうで、退会されてしまいました。

その人は、ジムでパーソナルトレーナーについて運動していたそうです。故障は合気道の稽古が原因ではなく、そこでの運動が原因なんだそうです。



どうもフィットネス業界では、膝とつま先の方向を揃えることを、あまり言わないのかもしれません。

いや武道の世界でも言わないかもしれませんが、私はかなり言います。


YouTube見ながら運動をしているとき、自重トレのランジやスクワット、ヨガだって大腰筋を伸ばす、膝を前にせり出すポーズがあります。トレーナーの人が「膝がつま先より前に出ないように」と言うことはありますが、「方向が一致するように」との説明は聞いたことがありませんし、テロップも見たことがありません。


もしかすると何も説明しなくても、膝をせり出すときに、つま先と一致しない人自体が少ないのかもしれません。

不思議で、以前いろいろと調べてみました。

するとO脚やX脚のまま運動すると、膝を壊しやすいという話はけっこうあります。それから筋力不足、特にお尻の筋肉がないと、膝を痛めやすいという注意も出てきます。


ただここに書いた人たちは、普通以上に運動をしているのです。筋力だって、人並み以上にあると思います。





【養神館合気道は股関節の外旋】


O脚やX脚なら、確かにそのまま運動すると危険かもしれません。「膝がつま先より前に出ないように」していれば、向きが一致しなくなることは、とても少ないのかもしれません。


合気道を稽古するなら、O脚やX脚であってもゆっくり動作していれば、それほどの危険性はなく、矯正されていくかもしれません。少なくとも養神館の重心移動は、腰を落とした大きな動作ですから、下半身の筋力はつくはずです。

とはいえ、私にはO脚やX脚のまま運動して大丈夫なのかどうか、なんとも分かりません

理学療法士や整体の人に相談してもらうのが良さそうです。



ただ一つ言えるのは、養神館の立ち方、動き方の基本は撞木足。撞木とは両足が丁字形に開いていること。剣道や杖道は違いますが、昔の剣術はたいがい撞木足だと言われています。


前足は正面に対し、少し外を向きます。


後ろ足は大きく外を向きます。前足と後ろ足の向きは、ほぼ90度になっています。

画像で足指を上げているのは、進むときに親指を外すとか、後ろ足の足裏でも重心移動したり、親指で噛むことですから、ここでは無視してください。


骨格的な説明だと、股関節の外旋になるかと思います。

股関節が外旋していると、股関節周辺がゆるみやすく、膝をゆるめても、つま先の方向と一致しやすいと思います。私の体感なので、汎用性のある考え方かどうなのかは分かりません。



あくまで私はそうしているということなのですが、外出自粛やテレワークで、家で運動をする人が増えてきました。

私も以前に書いている通り、自宅では主にYouTubeを見ながら運動しています。