BIトップ外ヘッダ.jpg
体験吹き出しオレンジ.png
合気道体験について.png
合気道体験について.png

この映像では、精晟会渋谷の合気道体験で体験していただく内容と流れを、簡単にご覧いただくことができます。他の説明については、下記のリンクからどうぞ。

体験バナー2020小.png
 

体験するには

◯対象 

体験は、合気道を始めてみたい。あるいは再開したいと道場を探している方向けに設定しています。ミスマッチを防ぐため、比較検討してください。

ご希望や運動経験などを考慮しますので、安心してご体験ください。

※中学生以上が対象になります。中学生以上でも未成年者の方は申し込み後、保護者の方からメールをいただくか、体験時に見学していただくことをお願いしています。

新型コロナウイルスの感染予防・備えとして、稽古前後の手洗い・エタノール消毒、マスクをしての稽古を体験の方にもお願いしています。

◯費用 

体験の費用は、おひとり1回 2,000円です。

◯申し込み

下のバナーをクリックすると[体験の予約ページ]に移動します。申し込みフォームがありますので、そこからお申し込みください。

お申し込みいただいてから、ご相談の上、日時を決めています。

予約ページへ2.jpg
 

体験をお断りしています

◯爪を伸ばしている方や、アクセサリーをつけたままの稽古 

稽古相手だけではなく、自分自身を傷つけてしまうことがあり危険です。

◯現在、道場に所属されている方

養神館だけではなく、現在どこかの合気道に所属されている方は、原則体験していただけません。合気道以外の武道でも、併習を禁じている道場もありますし、道義的にも好ましくないと考えます。

​過去の所属や、併習が禁じられていない場合は問題ありません。

 

体験の内容は

◯初心者向けの稽古 

合気道の面白さ、不思議さ、そして精晟会渋谷がテーマにしている身体の動かし方が日常生活にどう役立つかをお伝えできればと思います。

そうは言っても特別なことをするわけではなく、体験でも上の動画の通りで、まず準備体操から始まって、通常の初心者向け稽古をベースにしています。もし精晟会渋谷に入会したら、こういう内容をこういう順番でやるのだなということが、ざっと理解していただけると思います。その中から、はじめてでも比較的すぐにできる技などを説明し、体験していただきます。

それぞれの人に合わせ、出来ないことを無理にやらせたり、激しいことや痛くすることはありません。体験ですので、難易度や運動強度、運動量ともに、それほどではありません。

​そのほか、Q&Aがこちらにあります。

 

普段の稽古の雰囲気は

◯毎回ちがっています 

その日に参加しているメンバーの顔ぶれで、稽古の進め方はちがいます。

技の説明も毎回視点やポイントを変えるようにしています。ほとんどが白帯の人たちですから、ベースは初心者向けにし、有段者にはそこから高度な技法や、あるいは設定通りではない展開も稽古します。

大会や審査が間近にあるときは、それ用の稽古を中心にしますので、毎回こういう雰囲気で、こんなスタイルだとお見せすることは難しいです。

ざっくりとした年間のイメージや内容は、下のYouTube動画でご覧いただけます。他にもYouTubeに精晟会渋谷のチャンネルがあり、数多くの動画をアップロードしていますので、見ていただければと思います。

  • 精晟会渋谷のYouTubeチャンネルへ
  • 精晟会渋谷のFacebookページ
  • 精晟会渋谷のInstagram
  • 精晟会渋谷のTwitter

また稽古の様子は各SNSでも発信しています。上のアイコンからリンクしています。

 

有料の体験で見学不可なのは

◯体験はミスマッチを防ぐため

精晟会渋谷が体験を設定しているのは、合気道に興味があって始めてみたいなと考えられている方に、精晟会渋谷の稽古がどんなものか知っていただくためのもの。なんとなく合気道を始めたいと思っても、どの道場が自分に適しているのかは、やってみないと分かりませんよね。

都内だけでも何百とある合気道の道場。技そのものや指導のされ方、稽古の進め方など、千差万別です。

精晟会渋谷では武道の道場にしては珍しく、笑い声が絶えません。掴む技なら初心者に対しては軽く、そして動きを導くようにします。上級になるにしたがって、簡単には動かされないようにします。そういう感触や度合いは、見学したところでまったく伝わりません。

一度の体験で分かるかというと疑問ですが、少なくとも向き不向きを感じていただけると思います。

◯稽古はあくまで会員のためのもの 

精晟会渋谷の合気道を体験していただくのは、通常の稽古ですし、基本の部分はほぼ同じです。その中でも、はじめてでも比較的簡単にできることをやっていただきます。

同じ技をやるにしても、体験の人にやっていただくやり方も、説明の仕方もかなり変えています。もちろん合気道の身体の使い方や代表的な技を知っていただくため、会員の稽古とはちがうこともしていただきますが、それは1/4程度の時間だとお考えください。

見学されても伝わるのは雰囲気だけで、どういう価値があるのか疑問です。体験を有料にしているのも予約していただくのも、人数を限って、きちんと合気道の価値をお伝えする体験をしていただくため。

​特にコロナ禍では、予約していない人を出入りさせるのはあり得ません。

 

新型コロナウイルス対策は

コロナセット横2.png

◯出来る限りのことをしています

精晟会渋谷では、新型コロナウイルスへの備えとして、稽古前からドア、窓などを開けっ放しにし、換気扇や扇風機、エアコンなどもつけっぱなしにし、稽古中も換気を行っています。

そして参加者は稽古前後の手洗い・エタノールによる消毒、マスク着用をルールにしています。

体験の方にも、同じことをお願いしています。

また現在は施設への提出が必要なことから、現在の体調や2週間以内の渡航歴の有無などについても確認しています。

いずれにせよ不特定多数の方が稽古の場に入るのはリスクがあるので、参加者から最低限の情報を得て、人数を制限し、密にならないよう調整しています。

 

稽古自体は剣や杖を使い、直接の接触がない技を行うなど、触れない合気道の稽古の割合を増やしています。通常の、接触のある徒手の技も行いますが、時間を限定することで、リスクを低減させています。

予約ページへ2.jpg