BIトップ外ヘッダ.jpg
合気道について、あまり知識がない。
運動そのものや、持久力や筋力などに自信がない。またどんなことの役に立つのか知りたいという方のために、簡単にご説明します。

武道としての合気道

日本に世界に、武道や格闘技と呼ばれるものは無数にあります。しかしその中でも合気道は、希有な存在であることは間違いありません。

​格闘技、そして武道の競技は精神的肉体的なリミッターは外し、アドレナリンを噴出させることが必須になっているものがほとんどです。多くの合気道は、その対極にあります。

さまざまな合気道の中で

合気道には、さまざまな流派があります。養神館をお作りになった塩田剛三先生は、中心力(中心線に集中力する力)が重要だとされました。

養神館合気道では構えることで、中心力を養っています。ほか基本動作など、筋力ではない力の出し方及ぼし方の稽古方法が確立しています。観念的ではなく具体的。だから初心者が学びやすく、上達したことが実感やすい合気道なのです。

姿勢を整えることから稽古します

養神館合気道は構えます。剣を正眼の構えを、徒手にしたものです。なぜ構えるのか、その最大の理由は中心力を養うためです。

​簡単にいうと中心力は、重力を最大限に味方にするものです。頭・手・足・臍・重心が一線上に乗るように立ち、後ろ足の膝は伸ばします。筋肉は、一線上に乗った軸と構えた腕を維持するための最小の入れ方にします。そのほかをできるだけ脱力すると、落下や倒れ込むエネルギーを味方にすることができます。これが合気道のベースになる力です。

いや合気道だけではなく、生きていて動く根本になる力ですね。

この使い方が上手じゃないと、あちこち痛めたり故障したり、疲れやすくなります。つまり、コストパフォーマンスの悪い身体です。

上達は、逆にコスパのいい身体になることだと言えます。

まず姿勢の力を整える

養神館合気道

Scroll Down

姿勢をピシッときめる

トレーニングにもなっています

筋力がいらない、わけではありません。養神館合気道の構えや技の動作をしっかり決めるだけでも、姿勢を維持する筋力、それも力まずにできるには特にインナーマッスルが必要なのだと思います。

私たちの生活は通勤ラッシュやパソコンやスマホなど、日常的にどこか無理な負担のかかった姿勢になりがちです。

​普段の姿勢自体がおかしくなっていれば、骨格の歪みはもちろん、筋肉や脂肪も偏った付き方をしているのではないでしょうか。養神館合気道は、姿勢の力によって技を行うことが重要なポイントです。稽古そのものが、動きの中でも適切な姿勢を作るためのトレーニングになっているのです。

必要なときに、ピシッと姿勢が決まる。そんな合気道です。

腕力ではない力の

使い方を学ぶ

Scroll Down

合気道が女性に向いている理由

合気道の技は力まかせに効かせても、あまり意味はありません。合気道の思想以前に、フィジカルで上回る人ならいくらでもいます。

合気道の理想は、力感がないのに崩せたり投げられること。そのためには、自分の姿勢を制御して、有利な位置に入りながら姿勢が生み出す重心移動の力をロスなく相手に伝えること。

ところが力んでいると、力の流れが止まってしまいますし、相手に察知されやすくなります。察知されると力較べになってしまいます。

いや察知されても、力の出所がわからなければ、対応されにくいのです。だから力むのではなく、力を流す。合気道的には「力を出す」といいますが、単純に表現するなら体を伸ばすのです。

ギュッと力を込めるのではなく、重力を味方に、体を伸ばして相手に伝える。これが比較的簡単に出来てしまうのは、多くの場合、女性です。

力に力で対応するのではない体の使い方は、一般的に女性が圧倒的に得意なのです。

競い合わなくていいのに競ってしまう

一般的に、合気道に試合はありません。試合には功罪ありますが、競技で優劣を競うと、たとえば合気道の動きや力の使い方としては稚拙でも、運動神経の良さや体重や腕力など、もともとフィジカル強者が勝ち進むことが考えられます。また勝つ負けるということになると、ポイントが入る方法に固執しがちです。

本来、武術武道はフィジカルな弱者のためのもの。ましてや合気道は前述のように生の筋力に頼ったり、アドレナリンを噴出させるものではありません。

合気道の稽古は、あくまで平常心で、しっかりとした強い姿勢を維持して行うものです。そう理解はしていても、ついつい力んでしまう。腕力で対抗しようとする傾向が強いのが男性です。フィジカルでなんとかなってしまうと、技の巧みさを追求しなくなりがちです。

女性でも対抗してしまう人はいますが、大概は生の力で対抗できるほど筋力も体重もない場合が多いので、他の方法を探るしかないのです。自分より重い人、筋力がある人はいくらでもいますので、力に頼らない方法の追求は、そのまま護身になるはずです。

自分に軸をつくること、体の地図をつくること

力の使い方の上達は、体の使い方の上達と同じ。自分の体を上手に使うには、全身の地図が必要になります。

多くの人は自分が今、どんな風に立っているか。肩甲骨がどうなっているか。肘がどっちを向いているかなど、動きの中での自分の体の状態、いわば体の3Dマップに無自覚です。

というより把握できないし、制御できないのです。当たり前にできるのはプロのモデルやダンサーなどの方たちでしょうか。

合気道の上達に求められるのは、自分の全身の地図・3Dマップだけではありません。接触点から相手の体、どういう方向に力を入れているか、重心はどこかなどを感じ取れるセンサーも必要も必要です。

相手に影響を及ぼすには、まず自分が立つための軸、そして回転する軸、力が流れる軸あるいはルートなどが必要です。それらを作ったり消したりすることで、相手に力を出させず、自分の力の流れをおよぼすのに有利な体の使い方を学びます。

多くの女性に必要なトレーニングにもなっています

必ず女性ということではありませんが、特に若い女性では筋力不足であったり、関節のゆるい場合が少なくありません。

筋力不足であるなら、いい姿勢かどうか以前に、しっかり立つことができません。立つこと、動くことでも姿勢を支持する骨や筋肉は必要です。これは合気道を稽古するからではなく、生活する上でもケガをしないために必要な強さであるはずです。

 

一般的な関節がゆるさは、サポートする靱帯をはじめ、腱や筋肉などを鍛えることで、安定性が増すとされています。

養神館合気道の基本動作や基本技は、しっかりとした姿勢を維持し、伸ばす動作や回転する動作で稽古します。稽古自体が必要な筋肉を鍛えたり、靱帯や腱の強化につながると思われます。

これも女性限りませんが、子供や高齢者の骨粗鬆症が社会的なテーマとして問題になっています。女性の場合は一般的に40歳以上で骨密度が低下し、骨折のリスクが高まるそうです。骨量が最も増す成長期から20歳代に、骨をつくり骨を強化することで、閉経後の骨粗鬆症の予防にもつながるとされています。

強化するには骨に適度な力学的ストレスが重要だとされ、骨粗鬆症財団によると「エアロビクスよりはバレーボール、それよりは重量挙げというように、骨にかかる力が大きく、また繰り返しが多いほど骨を強くする」としています。

なにが適度なのかは人によって異なるはずですが、合気道の稽古、特に受身は骨の強化に適していると思われます。

精晟会渋谷はどの年代も均等に在籍しています

とても珍しいのですが、精晟会渋谷の会員は10代は中学生だけですが、20代から50代まで、ほぼ均等です。男女別だと男性の方が多いですが、一般的な合気道の道場と比較すると、かなり多いです。​※詳しくは、こちらで

 

​ですので、できるだけ1人ひとりに合わせた稽古ができるように心がけています。少しだけ無理する程度が、身体能力の向上にはいいと考えています。

入会について.jpg
日常に役立つ.jpg
始めた理由.jpg
リンクバナー護身について.jpg
画像:合気道渋谷_体験バナー

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.