BIトップ外ヘッダ.jpg
合気道ブログ.jpg
  • 養神館合気道 精晟会渋谷

Clubhouseで【合気道マニアックス】始めます


Clubhouseって何なの? と詳しく知りたい方は、検索してください。

簡単にいえば、現在iPhoneのみのアプリで、招待制実名制の音声配信SNSです。録音禁止、内容を外に漏らすのもダメという規約らしいです。


私は2月になってから始めたのですが、あちこち聴いてみると、専門的な人たちが集まって話しているroomは、とても面白いです。ルームと呼ばれるものを立ち上げた人などがモデレーターとなって会話が進むのですが、専門的な情報やディープな知識がダダ漏れ状態です。

アーカイブはないし出来ないので、その場で聴かないと、貴重な情報も知識も得られません。


それが聴くだけをやってみた、私の感想です。

すぐに、これはルームをやってみたいな。何よりまず、私が聞きたいことを尋ねてみよう。メールや他のSNSでそんなことやりとりしない。掘り下げられない。だけどClubhouseで、その場で終わる会話なら行けそうだ。と思いました。


そこで2月28日日曜日の21時から20分間、【合気道マニアックス】というルームをやることにしました。

とりあえず5週間は続けます。

20分間なので、喋っていただく機会は当面ありませんが、よろしければ聴いてみてください。

合気会、心身統一合気道の方など、流派に関係なくご参加いただく予定になっています。

【合気道マニアックス】





【当面のテーマは海外の合気道事情】


コロナ禍で世界の合気道道場は、どこも大変なことになっていると思います。もちろんどんな武道でも似たような状況にあると思いますが、接触する合気道では感染症対策をしっかりする必要があるはずです。日本でも同じだと思いますが、対応は様々です。



簡潔に段階で整理すると、

1.稽古場所が確保できているか、いないか

2.確保できている場合は、どれぐらいの時間、どんな内容の稽古をするか

3.稽古している量と質は、やっている人にとってどうか


1.は公共の施設を使っていて、そこが閉鎖されるとアウト。1都3県でも、市区町村によって対応が違うようです。

2.はコロナ前と変わらず同じように稽古しているところ。ソーシャルディスタンスを守って、剣杖を使うところに大別されます。

3.はまったく不明です。




この1年、ずっと閉鎖されている公共施設はないと思いますが、たとえば同じ横浜市でも、神奈川県立武道館だと非常事態宣言から4ヶ月、緊急事態宣言で2ヶ月の、のべ半年は使えなかったようです。横浜市武道館は時間短縮だけで、閉鎖はなかったようです。

稽古場所が確保できていても、勤務先の行動制限、あるいは自粛で稽古に参加できない人も少なくありません。そうなると、やはりこの1年で半年ぐらいしか稽古していない人は多いそうです。精晟会渋谷では、約半数がそんな感じです。



依然と変わらず、同じように稽古しているのは主に子供向けの道場のようです。

しかし前にも書いているように、私がすれ違う合気系の道場では閉め切ったまま稽古しているところがほとんどなので、驚きます。

何をどう考えられて、どんな稽古をされているのか。稽古内容についての発信はほぼないので、分かりません。精晟会渋谷では、普段から稽古内容をダダ漏れのように発信しているので、閉め切って隠す理由が分かりません。


たとえばコロナ禍で稽古していることへの批判を恐れてなのか、どうなのか。

このあたり、他の武道とは大きく異なるところです。日本国内で発信する人が少なければ、じゃあ海外ではどうなんだろう。と、聞いてみたくなりますよね。



【合気道マニアックス】をやるに当たって、スウェーデン、アメリカ・ニューヨーク・ロサンゼルス、ロシア・サンクトペテルブルグ、つながりのある海外の日本人に聞いてみました。

時差の関係やiPhoneユーザーではなかったりして参加できないもののの、教えてくれました。


日本より、はるかに厳しい…


あくまで私が聞けた範囲でですが。これは2年も3年もコロナが続けば、世界の合気道は確実に衰退しているなと思うほどです。

道場がやっていなければ、あるいは勤務先の行動制限や自粛であっても半年以上稽古していなければ、どうでしょうか。それが2年3年