BIトップ外ヘッダ.jpg
合気道ブログ.jpg

September 2, 2020

私、初心者のころは膝行がキライでした。いや、今でも好きではありませんが(笑)理由はもちろん膝が痛くなるからです。現在では痛くなりませんが、それでも疲れてしまうし、得意ではありません。たぶん稽古量の問題。それほど稽古してこなかったのです。 自分で工夫しはじめたのは、三段審査を受けるころ。精晟会の三段四段の審査は、半分以上が座り技で構成されているのです。

August 15, 2020

上級者は、中級者や初心者の技を受けるときに、「こちらの方向に動かせば崩せる」とか理解や上達を助けるように導いてあげるが当たり前だと思います。 そっちに引っぱってあげるというよりも、洗面ボウルに水を溜めていて、水には出口がない。でも栓を外せば、勝手にそちらに流れ出すというようなことができれば素晴しいと思います。言っているだけで、とても難しいですが。 問題は、逆のとき

July 25, 2020

最近入会してくれた人がいます。ブランクがあるものの、養神館の有段者です。体験に来られたときに、稽古方法について話しました。現在は剣や杖を使って、直接触れない稽古方法にしているけれども、これからは時間を区切って通常の徒手の技をやるつもり。ただ、コロナの感染拡大の度合い等で、この先も触れない稽古をするかもしれないし、

June 26, 2020

【触れない合気道をどう稽古するか】 6月1日から稽古を再開しました。再開といっても、まだ試運転のようなものです。コロナ禍にあっての稽古は、当分の間は触れないで行うことが必要だろうなと、剣杖を使った方法を模索していました。※どんなことを模索していたか知りたい方は、YouTubeにあげた[触れない合気道はできるのか?]を

May 15, 2020

先日、オンライン道場を行いました。ずっと家にいてパソコンやスマホやテレビ、つまりモニターばっかり見ていたら、目ばっかり酷使して、脳が暴走しそうだなと思って、まず「のがれの呼吸」という調息を。それから中心軸の作り方から構え、骨格的に強い肘のポジションなど、実際のところ合気道の稽古という以前に、いまの自粛生活に役立つ身体の使い方をやりました。

May 6, 2020

えーっと、そうすると合気道はどうなるんでしょうか? まあ、やるな。やるなら家庭内で、というぐらいかなと推測します。 【最悪を想定して、いまできることを考えると】 一刻も早い終息を祈るばかりですが、どうなるだろうと予想だけしたところで意味がないので、最悪がどうなるか。最悪の状況にまでならない場合は、どういうことをできるかを考えます。

February 23, 2020

武道では、肩を上げるなと言われます。また肩に力が入っている、肩の力を抜け、という表現は一般的に使われます。 でも、それはなぜ? あまり明快な説明を見たことがありません。 合気道で言われる呼吸法や大東流の合気上げの解説では、イメージや観念的なものしか見かけません。それなりに詳しくても、状況が限定されています。

February 10, 2020

【動画で説明しなかった手首の変化】 先日、YouTubeに『手ほどきと護身としての離脱法』を動画をアップしました。そのときに入れた方がいいかな。でも映像にすると地味な変化でほぼ見えないし、構成としては複雑になりすぎるし、伝わる人が少ないはず。 メンタル面は置いておくとしても、護身術的な意味合いだと、技術的にはそれほど稽古しなくてもできることが不可欠だから…

October 13, 2019

植芝盛平開祖は「合気道は関節のカス取り」だとおっしゃったとか。 というかこの言葉も塩田剛三先生の『合気道修行』に書いてあるのです。どこに書かれている「カス取り」フレーズも、たぶん出典元は『合気道修行』。そして「手首を鍛錬し、血流を良くして新陳代謝を高める」とも書かれています。しかし、それだけならストレッチと同じになってしまいます。二ヶ条がストレッチのような適度な刺激だけなら、落とすことはできないでしょう

August 9, 2019

海外で精晟会の稽古会を主宰している人が、精晟会渋谷の稽古に来られました。 「顔面突き肘抑え」という五級からある審査技を稽古しているときのこと、私が「盗み足というんだけど」と説明したら、おう盗み足ですか!とこの人が反応した。 今まで合気道の人に盗み足という名称を使って、それだけで伝わったのは初めてでした。 もちろん名称がないだけで、合気道にも盗み足的運足はある。

Please reload

Popular Posts