BIトップ外ヘッダ.jpg
合気道ブログ.jpg

July 25, 2020

最近入会してくれた人がいます。ブランクがあるものの、養神館の有段者です。体験に来られたときに、稽古方法について話しました。現在は剣や杖を使って、直接触れない稽古方法にしているけれども、これからは時間を区切って通常の徒手の技をやるつもり。ただ、コロナの感染拡大の度合い等で、この先も触れない稽古をするかもしれないし、

July 18, 2020

『サッカーと感染症 -withコロナ時代のサッカー行動マニュアル』という本を読みました。 サッカーに興味はないのですが、今のところ感染症の専門家が、スポーツ・運動現場の行動指針を書いた本はないと思います。 本じゃなくても、感染症の専門家が、スポーツする現場に関しての発言を探せません。この先生の本がもう一冊あるだけのようです。 著者は岩田健太郎さんといって、著者は岩田健太郎さんといって、あのダイヤモンドプリンセス号に感染症の

June 26, 2020

【触れない合気道をどう稽古するか】 6月1日から稽古を再開しました。再開といっても、まだ試運転のようなものです。コロナ禍にあっての稽古は、当分の間は触れないで行うことが必要だろうなと、剣杖を使った方法を模索していました。※どんなことを模索していたか知りたい方は、YouTubeにあげた[触れない合気道はできるのか?]を

May 15, 2020

先日、オンライン道場を行いました。ずっと家にいてパソコンやスマホやテレビ、つまりモニターばっかり見ていたら、目ばっかり酷使して、脳が暴走しそうだなと思って、まず「のがれの呼吸」という調息を。それから中心軸の作り方から構え、骨格的に強い肘のポジションなど、実際のところ合気道の稽古という以前に、いまの自粛生活に役立つ身体の使い方をやりました。

May 6, 2020

えーっと、そうすると合気道はどうなるんでしょうか? まあ、やるな。やるなら家庭内で、というぐらいかなと推測します。 【最悪を想定して、いまできることを考えると】 一刻も早い終息を祈るばかりですが、どうなるだろうと予想だけしたところで意味がないので、最悪がどうなるか。最悪の状況にまでならない場合は、どういうことをできるかを考えます。

April 27, 2020

緊急事態宣言で、少なくとも1ヵ月以上稽古できないのは間違いないという状況になって、考えました。会員の人たちが合気道の動きを忘れてしまわないように、あるいは身体が動かなくなる心配があるので、なにか出来ることはないだろうかと。 稽古の休止を通知したとき、精晟会渋谷の会員からも、オンラインレッスンはやらないのですかと返信が来ました。 鍛錬方法とかは、どうでもいいわけではないですが、優先順位は低い。休止中にあえてビデオチャットでやらなくても、

Please reload

Popular Posts
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー