BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

実は、技をかけられていながら、考え方しだいでは逆にこれは返し技の練習を行なっていることにもなるので、少しその方向に変化を与えてやりさえすれば、即座に返し技ともなりうるのである。 さてそれでは合気道の師範がどのように返し技を解説しているかを実際に見てみよう。砂泊誠秀師範は返し技について、 開祖は、「技はどちらが速いかが問題だ」と言われましたが、その速さは、呼吸力の速さのことであります。呼吸力の速さが出てきますと、攻めも受けもなくなってしまいます。返し技は、そのことを教えます。(『合気道の心・呼吸力』) として、返し技は呼吸力の速さを学ぶために行なうのであるとする。 (中略) 斉藤守弘師範によれば、昔、植芝翁は、外部に指導に行く弟子に「試合教習」として極秘に返し技を教え、力をつけて送りだしたという。そして返し技を伝授された指導者は、たとえ受け身の状態にあっても、一瞬の閃きによって、いつでも主導権を握って指導することができたという。 (中略) 斉藤師範によれば、「写真を掲載すれば、初心者でも、一応の返し技は真似ることができる。然し、危険であろばかりではなく、普通の稽古が馬鹿らしくなってしまう。そうなれば、技の成長は停止し未完成で終ってしまう」という。

返し技の心構え

開祖 植芝盛平の合気道

大宮司朗

99

amazon.png
  • 精晟会渋谷のTwitter
  • 精晟会渋谷のFacebookページ
  • 精晟会渋谷のInstagram
  • 精晟会渋谷のYouTubeチャンネルへ

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.