BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

先生が一番すごいと思うのはね、何でもパッと分かるということです。舞踊家の花柳寿美女史をご存知ですか。あの人がパトロンの岡田氏と一緒に、先生の所に来たことがあるのです。戦時中で歌舞伎座で薙刀の舞をやる事になった。岡田さんは、先生が武道のことなら、何でもご存知だと思っているわけです。ところが先生はあまり薙刀のことはご存知ない。「知らん、駄目だ」と先生は言い続け たのですが、かえってそれが遠慮しているんだと、とられてしまったのですね、執拗に頼まれてしまった。そこで先生も困って、とうとう「よし」と返事をしてしまったのです。岡田さんは次の日に来る事を約して帰った。それから先生は私に、「牛若丸」の絵本を買ってこいと言うのです (笑)。買 ってくると先生は、一日中自分の寝室に篭って、神棚にその絵本を立てて、誰も入ってはいけないと いうわけです。そして翌日寝室から出て来て、「塩田さん、もう覚えたよ」と言うんですね(笑)。 やがて、十人くらいの綺麗な女弟子を連れて、花柳寿美がやって来たのです。そして薙刀の稽古が 始まった。先生は思いつきで教えますからね、連係して教えない。だが花柳寿美も大したものですよ、十日間来て、それをきちんと纏めましたからね。その後、先生と私は歌舞伎座に招待されましたが、 立派にやっていましたよ。当時の薙刀の先生がその時いらしてたのですが、その方が後で言うには、「あの薙刀は素晴らしい。わたしらが学ぶ所が多々ある。一体どの先生が教えましたか」とね。その 後その先生は植芝道場にいらして、大先生と薙刀について談議されていましたよ。 とにかくこのようにね、神が乗り移るというか、何でも分かってしまうんですね。どうして薙刀が分かったんですかと後で聞いたら、「ちゃんと牛若丸が出てきて教えてくれたんじゃ」って言うんですからね(笑)。そんなふうにちょっと変わった先生でしたね、テレパシーがすごいんですよ。

盛平と薙刀

植芝盛平と合気道

合気ニュース

96

amazon.png
  • 精晟会渋谷のTwitter
  • 精晟会渋谷のFacebookページ
  • 精晟会渋谷のInstagram
  • 精晟会渋谷のYouTubeチャンネルへ

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.