BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

重要なのは、痛めつける技には限界があるということです。相手が素人なら、ちょっと手首をひねってやるだけで事はすむかもしれませんが、なんらかの修行を積んだ人ならそういうわけにはいきません。関節の逆を取ったからといって勝てるわけではなく、それどころか技を仕掛けることさえ至難の技なのです。では、どうするのか。 結局は、相手を無力にするしかないのです。こらえようとしてもこらえられない状態を作る、あるいはこらえた力をはずしてしまう、そういう操作ができるように目指しているわけです。 「私の演武を見て、受けを取っている弟子たちが関節をきめられてさぞ痛いでしょうと心配してくれる人がいます。しかし、そんなことはありません。彼らは痛くないのです。内弟子として鍛えている連中の手首をいくら逆にきめようとしても、そうそう簡単にきまりはしません。力では私のような年寄りより彼らの方が上なのです。それに彼らは逃げ方も充分に知っています。「それでも私は彼らを二ヶ条の技で崩します。これは痛いからではありま せん。こらえようとしてもこらえられない方向へ私が攻めているから痛くなくても相手が崩れる。そこに合気道の本質があります。関節技の稽古はそこに至るための入門第一歩だと考えてください。いつまでも稽古相手を痛がらせて喜んでいるようでは、永遠に合気道の高みに到達することはできません。

痛くなくても倒れる

合気道修行

塩田剛三

70

amazon.png
  • 精晟会渋谷のTwitter
  • 精晟会渋谷のFacebookページ
  • 精晟会渋谷のInstagram
  • 精晟会渋谷のYouTubeチャンネルへ

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.