BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

岡本師「合気は、相手がこちらに触る瞬間に少し動いているのですね」 筆者「タイミングをずらす、ということでしょうか?」 岡本師「単純にずらすのではなく、一度下がり相手が掴もうと思った場所よりも、前に掴ませるのです」 筆者「ええっ、それは非常に高度な一瞬ですね」 私が、岡本師の道場に取材に訪れた時、「合気」を説明してくださった一コマだ。 岡本師「人は、押すと押し返すという条件反射があります。それを巧みに利用しているのが『合気』でしょうね」 ああそうか、ではない。「相手の触る瞬間をずらす」ということは、しかも一度下がって改めて相手に、 いわば、少し早い目のカウンターを出している、ということだ。ここで言われている「一度下がって改めて」というのは、例えば、肩を軸に円運動が行なわれている、ということであり、その円運動の起こりが相手の動きよりも早く始まっている、ということになるのだろう。 というのは、技術として「円運動である」と岡本師が語っておられたからだ。そこから考えれば、手首か、肩か、肘か、肉体全体の軸か、といった具合に「軸」を中心に考えれば、的確な場所で円運動が起こっている、ということになる。 問題は、そういった肉体運動のことではなく、「相手が掴む瞬間が分かる」ということだ。そうでなければ、それをずらすことは出来ない。「合気」を掛けることは出来ないのである。

タイミングをずらす

武学入門

日野晃

51

amazon.png

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.