BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

じつは合気は「手ほどき」から生まれたものではないかという説がある。この説を初めて公刊書に記したのは、管見では、換骨拳を経て骨法宗家を名乗った堀辺正史師範である。 堀辺家は、わが国固有の武道である古代相撲から発して、清和源氏に伝承され、新羅三郎義光によって体系化されたとされる換骨拳を代々伝承して来た家柄であり、新羅三郎義光をその開祖とする大東流と換骨拳が相互に関連があることを、堀辺師範は著書で述べている。残念ながらその述べるところの真偽は定かではないが、少なくとも「武田 (惣角) は柔術の手解きの技を修練するなかで、相手が崩れるのを発見したのにちがいない。手解きとは、相手に摑まれた手を抜くための技であるが、武田は手を 抜いてゆく過程の一瞬、相手が崩れるのを発見したのだ!」(『喧嘩芸骨法』)という指摘は重要である。 もっともそんなことは少し大東流をかじった人ならば常識であるという某師範の指摘もあり、また故佐川幸義師範が堀辺師範に語っていた可能性もある。堀辺師範は巨額の伝授料を佐川師範に納めて、余人が教えてもらえなかったような口伝をも伝授されたという噂があり、少なくともかなりの伝を受けたことは事実だからだ。

手ほどき

開祖植芝盛平の合気道

大宮司郎

46

amazon.png

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.