BIトップ外ヘッダ.jpg

合気道を理解するために役立つ知識や名言、歴史上のエピソードを、信頼度が高く、また再版されていない書籍などから引用したものをデータベースにしました。

リストの一覧や、カテゴリーごとに表示することが出来ます。

Tips LIST

一覧ページ(リスト)に戻るには上のボタン

松田:もちろん佐川先生に学んだことによって、中国の武術もよく理解できましたが。 プラニン:たとえばどのような点が? 松田:中国武術に勁、という言葉があります。この言葉は一般に用いる時は「力」ですが、武術では「作用にともなう能力」の意味があり、この言葉を実際の練習で理解することによって「合気」の意味が理解できました。たとえば一瞬に投げる呼吸投げは「発勁」 に共通するし、手をラセン状に用いる作用で働く力は「纏絲勁」と、技の運動作用の根本的なものが分析できて、整理や分類ができるようになり、カリキュラムができる。 また勁の進歩の段階を表わす明、暗、化の三段階は、そのまま初級、中級、高級になり、勁は当然にして技の中に含まれるものですから、技の段階を表わすものでもあり、この段階に植芝先生の時代別の変化はピッタリとあてはまります。 プラニン:その明、暗、化はどのような区別がありますか? 松田:明は明らかに見える猛烈で剛の力、暗は柔らかな中に必要に応じて一瞬に爆発する力を含む、化は柔一色で行雲流水のごとく途切れず、己を捨てて敵に身をまかせてしまうことです。 これらの勁を科学的に系統的に教えてくれたのは劉雲樵先生だけですが、明、暗、化 を△○□で説明され、奇しくも植芝先生も△○□の説明をされていて面白いですね。

△○□

魂の芸術

松田隆智

100

amazon.png
  • 精晟会渋谷のTwitter
  • 精晟会渋谷のFacebookページ
  • 精晟会渋谷のInstagram
  • 精晟会渋谷のYouTubeチャンネルへ

© 養神館合気道 精晟会渋谷 Aikido Yoshinkan Seiseikai SHIBUYA , All rights reserved.